かしまの一本松

e0088874_16581769.jpg

東日本大震災の津波に耐えた南相馬市鹿島区の「かしまの一本松」は
冬桜を撮った寳蔵寺からほど近いところにありました。





近づいてみると樹下には、今月12月27日に伐採されることが書いてありました。伐採前に間に合いました。
震災の後3年くらいは葉を付け本物の奇跡の木として頑張ったようですが、樹勢は弱り枯死してしまったそうです。
e0088874_16582630.jpg

周辺には風力発電の風車が建ち復興工事が進んでいます。
木にとまっているのは海鷹のミサゴでしょうか、海を見つめていました。
by mei-nyan | 2017-12-09 16:08 | ふくしま | Comments(2)
Commented by ei5184 at 2017-12-09 18:09
伐採されてしまうのですか!
今年の夏に訪ねて行こうと計画をしていたのですが、
体調不良のため来年に変更したのです。
もう見る事ができないのですね・・・
Commented by mei-nyan at 2017-12-11 23:01
●ei5184さま、こんばんは
コメントありがとうございます
残念ながら伐採されてしまいます
津波で何も無くなった平地にぽつんと立つその姿は胸に染み入るものがありました
記念公園として整地され、2世の苗木が植栽される計画があるようです
訪れてくださるご予定があったのですね、ありがとうございます
<< 月に近づく 寶蔵寺の冬桜 >>